ATAPIデバイスのDMA転送を有効にする

対象プラットフォーム: FreeBSD 5.x / FreeBSD 4.x


はじめに

FreeBSD 4.x系列および5.x系列では、CD-ROMやDVD-ROM等のATAPIデバイスのDMA転送はデフォルトでOFFになっています。
下記の手順を行うことにより、各ドライブでDMA転送が有効になります。

boot loaderの設定変更

「/boot/loader.conf」を編集し、以下の記述を追加します。

「/etc/loader.conf」への追記
hw.ata.atapi_dma=1

マシンの再起動

マシンを再起動することにより、各ドライブでDMA転送が有効になります。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image