Pentium 4のHTTを有効にする

対象プラットフォーム: FreeBSD 7.x / FreeBSD 6.x


はじめに

後期のPentium 4に搭載されているHTT (Hyper-Threading-Technology) は、ひとつのCPUコアで同時に二つのスレッドを走らせることが出来るテクノロジで、複数のスレッドに対応したアプリケーションのパフォーマンスを大幅に引き上げることができます。

FreeBSDでは、デフォルトの状態では、このHTTが利用できない状態になっています。
このページでは、このHTTのFreeBSDで利用する方法について説明します。

kernelの再構築

FreeBSDでHTTを利用するには、kernelをSMPに対応させる必要があります。
kernelコンフィグファイルに、以下の記述を追加して再構築します。

kernelコンフィグファイルへの追記
options         SMP
device          apic

kernelの再構築後、システムを再起動してください。

HTTを利用するための設定

HTTを有効にするには、「/boot/loader.conf」に以下の記述を追記して、システムを再起動させてください。

「/boot/loader.conf」への追記
machdep.hyperthreading_allowed=1

尚、HTTには「FreeBSD-SA-05:09.htt」で報告されている設計上の脆弱性があります。

任意のユーザがプログラムを走らせることが出来るような環境では、この脆弱性により秘密鍵等の秘匿性の高い情報が盗まれてしまう可能性がありますので、そういった場合にはHyper-Threadingを有効にしない(上記記述を「/boot/loader.conf」に追記しない)ことをお勧めします。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image