ウェブブラウザ「Firefox」でFlashが再生できるようにする

対象プラットフォーム: FreeBSD 7.x / FreeBSD 6.x


はじめに

FreeBSDでportsからインストールしたFirefoxには、Flash Playerを含むプラグイン等は一切インストールされていません。
このため、標準のFirefoxでは、Flashコンテンツを閲覧できない状態になっています。

Flash Playerについては、WindowsやLinuxでは、Adobeのホームページからバイナリをダウンロードしてすぐに利用できるようになっていますが、悲しいかなFreeBSD向けのバイナリは提供されていないため、FreeBSD上のFirefoxでFlashを再生するには、ちょっとした設定が必要になります。

このページでは、FreeBSD上のFirefoxでFlashが表示できるよう、Flashのプラグインをインストールする方法について説明します。

kernelの再構築

FreeBSD上のFirefoxでFlashのプラグインを利用するには、kernelで提供しているLinuxエミュレータの機能が必要です。
kernelコンフィグファイルに、以下の記述を追加してkernelの再構築を行います。

kernelコンフィグファイルへの追記
options    COMPAT_LINUX

Linuxエミュレータの機能は、Flashプラグインのmake時にも必要になりますので、kernelの再構築が完了したら一旦システムを再起動させてください。

Flashプラグインのインストール

FreeBSDでは、Firefox用のFlashプラグインもportsとして用意されており、インストールはportsを利用して行います。
portsの取得および展開方法については、「最新のportsを取得して展開する」を参照してください。

portsの展開が完了した後、下記手順でFirefoxをmakeし、インストールします。

Flashプラグインのインストール
$ cd /usr/ports/www/linux-flashplugin
$ make config-recursive
$ make install clean

Flashプラグインのインストール

続いて、同じくportsからFlashプラグインのラッパである「nspluginwrapper」をインストールします。

nspluginwrapperのインストール
$ cd /usr/ports/www/nspluginwrapper
$ make config-recursive
$ make install clean

インストール後の設定

Flashプラグインおよびnspluginwrapperのインストールが完了したら、nspluginwrapperを利用してFlashプラグインをインストールします。

シェルから以下のように入力してください。

nspluginwrapperを利用したプラグインのインストール
$ nspluginwrapper -v -a -i

上記のようにすると、Linux用に構築されたプラグインを自動的に検出・インストールされます。

動作確認

上記のインストールが完了したらFirefoxを起動し、アドレスバーに「about:plugins」と入力してみてください。
表示されるプラグイン一覧にswfに関する記述が表示されたらインストールは成功です。

参考にさせて頂いたページ

・ FreeBSD Daily Topics

FreeBSD committerの後藤大地さんの連載です。

変更履歴

2009/06/05

・nspluginwrapperの使い方の記述を、ファイルを指定する方法から、構築済みプラグインを自動検出してインストールする方法に変更。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


これじゃない
1 (100%)

【これじゃない】 古すぎるんです。 FreeBSD 11.xの時代になっても、 このタイトルのままでは困るんですが。 (2016/11/09 Wed 18:57:04)


目次に戻る
image