デスクトップ画面をキャップチャする(ImageMagick)

対象プラットフォーム: FreeBSD 7.x / FreeBSD 6.x


はじめに

Windowsでは、「PrintScreen」キーを押下することにより、デスクトップ画面をキャップチャすることが出来ますが、FreeBSDのX環境のデスクトップ画面も「ImageMagick」というユーティリティを利用してキャップチャすることが出来ます。

このページでは、この「ImageMagick」の導入方法とその利用法について説明します。

portsによる「ImageMagick」のインストール

FreeBSDでは、「ImageMagick」もportsとして用意されており、インストールはportsを利用して行います。
portsの取得および展開方法については、「最新のportsを取得して展開する」を参照してください。

portsの展開が完了した後、下記手順で「ImageMagick」をmakeし、インストールします。

「ImageMagick」のビルド
$ cd /usr/ports/graphics/ImageMagick
$ make config-recursive
$ make install clean

キャップチャについての付加機能の設定が表示されますので、必要に応じて設定を行ってください。

「ImageMagick」の実行

上記の手順でインストールした「ImageMagick」を実行するには、以下のようにします。

「ImageMagick」の実行
$ import screen_shot.jpg

デスクトップ上のマウスカーソルが範囲指定する形に変化しますので、キャップチャしたい範囲を選択してください。

選択が完了すると、上記の例では指定した範囲のキャップチャ画像が「screen_shot.jpg」ファイルに格納されます。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image