MySQL環境を構築する(MySQL 5.1.x)

対象プラットフォーム: FreeBSD 7.x / FreeBSD 6.x


はじめに

このページでは、データベース管理システム「MySQL」のバージョン5.1.xをFreeBSD上で構築、利用する方法について説明します。

「mysql51」のインストール

mysql51はデフォルトでシステムにインストールされていませんので、別途システムにインストールする必要があります。

インストールはportsを利用して行います。
portsの取得および展開方法については、「最新のportsを取得して展開する」を参照してください。

portsの展開が完了した後、下記手順でmysql51をmakeし、インストールします。

「mysql51」のインストール
$ cd /usr/ports/databases/mysql51-client
$ make config-recursive
$ make 'WITH_XCHARSET=ujis,sjis' install clean

$ cd /usr/ports/databases/mysql51-server
$ make config-recursive
$ make 'WITH_XCHARSET=ujis,sjis' install clean

「'WITH_XCHARSET=ujis,sjis'」の指定は、MySQLでEUCとShiftJISを利用するための指定です。
この指定をせずに構築したportsでは、EUCとShiftJISを扱えませんので、これらの文字コードを利用する場合にはこのパラメータを指定してmakeしてください。

上記の指定をmysql51-serverとmysql51-clientの双方に正しく適用するには、必ずmysql51-clientから先に構築してください。
mysql51-serverを先に構築すると、mysql51-clientがdependancyとしてインストールされてしまうため、上記指定が正しく反映されないことがあります。

「rc.conf」の設定

最後に、システムの起動時にmysql51が自動的に起動するよう、「/etc/rc.conf」に下記の記述を追記します。

「/etc/rc.conf」の設定
mysql_enable="YES"

この設定により、システム再起動時にmysql51が自動的に起動するようになります。
その際、DBが存在しない場合は、DBが自動的に作成されます。

尚、mysql51をjail環境で動作させる場合には、上記の設定の他に、以下の記述を追加してください。

「/etc/rc.conf」の設定
mysql_args="--bind-address=192.168.16.16"

「192.168.16.16」の部分には、jail環境に割り当てられたIPアドレスを指定してください。

ファイルの在り処

上記の手順でportsからmysql51を導入した場合、MySQLの設定ファイルのサンプルは「/usr/local/share/mysql」に、デフォルトのDBとログファイル一式は「/var/db/mysql」に格納されます。

加えて、MySQLの設定ファイル本体である「my.cnf」は、「/usr/local/etc」に存在するものが最初に参照されますので、ご注意ください。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image