NFSクライアントを構築する (nfsd)

対象プラットフォーム: FreeBSD 7.x / FreeBSD 6.x


はじめに

FreeBSD等のUNIXなOSでは、NFS (Network File System) というネットワーク経由でファイルシステムにアクセスする機能が用意されています。

このページでは、このNFSのクライアント側(NFSをマウントする側)の設定方法について説明します。
NFSのサーバ側(NFSを提供する側)の設定については、「NFSサーバを構築する (nfsd)」を参照してください。

kernelの再構築

NFSを利用するには、kernelコンフィグファイルに、以下の記述を追加してkernelの再構築を行います。

kernelコンフィグファイルへの追記
options    NFSCLIENT
options    NFSSERVER
options    NFS_ROOT

kernelの再構築後、システムを再起動させてください。

「rc.conf」の設定

最後に、システムの起動時にnfsdが自動的に起動するよう、「/etc/rc.conf」に下記の記述を追記します。

「/etc/rc.conf」の設定
nfs_client_enable="YES"
nfs_client_flags="-n 4"

この設定により、システム再起動時にnfsdが自動的に起動するようになります。

NFSボリュームの手動マウント

上記までの作業で、NFSクライアントに関する一通りの設定が完了しましたので、実際にNFSのボリュームをマウントしてします。

NFSボリュームの手動マウント
$ mount -t nfs 192.168.16.1:/home/nfs_server_dir /home/nfs_client_dir

上記の例ではIPアドレスが「192.168.16.1」のマシンの「/home/nfs_server_dir」を、クライアント側の「/home/nfs_client_dir」にマウントします。
予めクライアント側に「/home/nfs_client_dir」のディレクトリが切られていないとマウントに失敗しますので、ご注意ください。

NFSボリュームの自動マウント

次に、クライアント側のシステムが起動した際に、NFSボリュームを自動的にマウントする方法について説明します。

クライアント側でシステム起動時にNFSボリュームを自動的にマウントするには、「/etc/fstab」に以下の行を追加します。

「/etc/fstab」の編集
192.168.16.1:/home/nfs_server_dir   /home/nfs_client_dir    nfs rw  0   0

上記の例では、手動でのマウントの例と同じく、IPアドレスが「192.168.16.1」のマシンの「/home/nfs_server_dir」を、クライアント側の「/home/nfs_client_dir」にマウントします。
こちらについても、予めクライアント側に「/home/nfs_client_dir」のディレクトリが切られていないとマウントに失敗しますので、ご注意ください。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image