kernel再構築時にkernelモジュールがビルドされないようにする

対象プラットフォーム: FreeBSD 8.x
(下記手順を2014/05/01にFreeBSD 8.4-RELEASEで確認済み)


はじめに

FreeBSD 4.x以降では、「kernelモジュール」と呼ばれるバイナリ(ファイル名が「*.ko」)を動的にロードすることにより、予めkernelに組み込まれていない機能についても利用することができるようになっています。

標準的なkernelの再構築では、kernel本体以外にも、このkernelモジュール一式がビルドされるようになっています。
しかしながら、予め必要な機能を全てkernel本体に組み込んでしまえば、kernelモジュールは不要になります。

このページでは、kernel再構築時にkernelモジュールを一切ビルドしないようにする方法について説明します。

「make.conf」の設定変更

「/etc/make.conf」を編集し、以下の記述を追加します。

「/etc/make.conf」への追記
NO_MODULES=true

上記の設定を実施後、kernelを構築しなおすことにより、kernelモジュールがビルドされなくなります。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image