RAID-0(ストライピング)を構築する

対象プラットフォーム: FreeBSD 4.x


この記事は、既にサポートが終了したバージョンのソフトウェアについて記述しています。

はじめに

FreeBSD 4.xでソフトウェアストライピングボリュームを構築するには「vinum」を利用します。

kernelの再構築と再起動時用の設定

kernelコンフィグファイルに、以下の記述を追加して再構築を行います。

カーネルコンフィグファイルへの追記
device vinum

また、次回以降の起動時に自動的に「vinum」が有効になるよう、以下の記述を「/etc/rc.conf」に追加します。

「/etc/rc.conf」への追記
start_vinum="YES"

さらに、ストライピング化するボリュームが、起動時にマウントされないよう、「/etc/fstab」を編集します。
設定が完了したら、システムを再起動させてください。

「vinum」の再構築

「vinum」はデフォルトの状態ではデバッグモードでビルドされているため、Makefileからデバッグオプション「-DVINUMDEBUG」を削除して再構築します。

「vinum」の再構築
$ cd /usr/src/sbin/vinum
$ vi Makefile

# $FreeBSD: src/sbin/vinum/Makefile,v 1.12.2.2 2001/08/01 09:13:24 obrien Exp $

MAINTAINER  =  grog@FreeBSD.org
PROG=   vinum
SRCS=   v.c list.c vinumparser.c vinumutil.c vext.h commands.c
MAN=    vinum.8

CFLAGS+=        -I${.CURDIR}/../../sys -Wall -DVINUMDEBUG  ← ここの「-DVINUMDEBUG」を削除
DPADD=  ${LIBUTIL} ${LIBREADLINE} ${LIBTERMCAP}
LDADD=  -lreadline -ltermcap -ldevstat

.PATH: ${.CURDIR}/../../sys/dev/vinum

.include <bsd.prog.mk>

$ make clean all install

ディスクラベルの編集

「disklabel」コマンドを利用し、ストライピング化するボリュームの用途を「4.2BSD」から「vinum」に変更します。

ディスクのボリュームの修正
$ disklabel -e /dev/ad4s1e
$ disklabel -e /dev/ad6s1e

「dev/ad4s1e」および「/dev/ad6se1e」はストライピングに利用するボリュームなので、利用する環境によって適宜変更してください。

「vinum」の対話モードよるストライプボリュームの作成

「vinum」の対話モードのプロンプトから「create」を実行します。

「vinum」対話モードによるストライピングボリュームの作成
$ vinum

vinum -> create

標準のエディタが立ち上がりますので、以下の通り入力します。

「vinum」対話モードによるストライピングボリュームの作成(続き)
drive d0 device /dev/ad4s1e
drive d1 device /dev/ad6s1e
volume stripe
plex org striped 200k
subdisk length 0 drive d0
subdisk length 0 drive d1

保存して終了すると、設定情報を反映されますので、完了後「quit」で対話モードから抜けてください。

作成したストライピングボリュームのフォーマット

作成したストライピングボリュームを「newfs」でフォーマットします。

作成したストライピングボリュームのフォーマット
$ newfs -v /dev/vinum/stripe

作成したストライピングボリュームのマウント

作成したストライピングボリュームを「mount」でマウントします。

ストライピングボリュームのマウント
$ mount /dev/vinum/stripe /work

「/etc/fstab」を編集することにより、作成したストライピングボリュームを起動時に自動的にマウントすることが可能です。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image