メディアプレイヤー「VLC」を導入する

対象プラットフォーム: FreeBSD 7.x / FreeBSD 6.x


はじめに

このページでは、構築済みのデスクトップ環境にメディアプレイヤー「VLC」を導入する方法について説明します。

portsによるVLCのインストール

FreeBSDでは、VLCもportsとして用意されており、インストールはportsを利用して行います。
portsの取得および展開方法については、「最新のportsを取得して展開する」を参照してください。

portsの展開が完了した後、下記手順でVLCをmakeし、インストールします。

VLCのビルド
$ cd /usr/ports/multimedia/vlc
$ make config-recursive
$ make install clean

libdvdcssの導入

VLC本体だけをportsで導入しただけでは、VLCで市販のDVDを再生することは出来ません。
これは、VLC本体にはCSS(Content Scrambling System)をデコードする機能が含まれていない為です。

VLCで市販のDVDを再生するには、CSSをデコードする為のライブラリ「libdvdcss」を導入します。

libdvdcssのビルド
$ cd /usr/ports/multimedia/libdvdcss
$ make config-recursive
$ make install clean

libdvdcssを導入する前にVLCを起動させている場合には、一度X WINDOW SYSTEMを再起動させてからVLCを起動させればlibdvdcssの追加が反映されます。

VLCの実行

上記の手順でインストールしたVLCを実行するには、以下のようにします。

VLCの実行
$ vlc

尚、VLCはセキュリティの観点から、rootでは起動できないのでご注意ください。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image