コマンドラインからサウンドのボリュームを調整する

対象プラットフォーム: FreeBSD 7.x / FreeBSD 6.x


はじめに

GUI環境から操作することの多いサウンドのボリュームですが、コマンドラインからも調整することができます。

このページでは、コマンドラインからサウンドのボリュームを調整する方法について説明します。

「mixer」の利用

コマンドラインからサウンドのボリュームを調整するには、「mixer」を利用します。

現在のボリュームの設定の表示

以下のようにすると、現在のボリュームの設定状況が表示されます。

引数なし「mixer」の実行結果
$ mixer

Mixer vol      is currently set to  75:75
Mixer pcm      is currently set to  75:75
Mixer speaker  is currently set to  75:75
Mixer line     is currently set to  75:75
Mixer mic      is currently set to   0:0
Mixer cd       is currently set to  75:75
Mixer rec      is currently set to   0:0
Mixer igain    is currently set to   0:0
Mixer ogain    is currently set to  50:50
Mixer line1    is currently set to  75:75
Mixer phin     is currently set to   0:0
Mixer phout    is currently set to   0:0
Mixer video    is currently set to  75:75

MP3などのメディアファイルを再生する場合の音量に関係する箇所は、pcm(ミキシング前のpcmリソースのボリューム)とvol(ミキシング後のボリューム)になります。

また、75:75は、左右のチャンネルの音量になります。
通常は左右とも同じ数値を設定しますが、スピーカの設置場所がユーザから対称な場所にない時など、環境に応じて調整することができます。

ボリュームの設定変更

下記のようにすることにより、pcmとvolの左右のチャンネルの音量を、それぞれ100に設定することができます。

「mixer」の利用方法(pcm/volを100:100に設定)
$ mixer pcm 100:100
$ mixer vol 100:100

設定できる音量の最大値は100までです、ミュートする場合は0に設定してください。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ 参考になった ちょっと違う これじゃない
何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image