11a方式で無線LANに接続する

対象プラットフォーム: FreeBSD 10.x
(下記手順を2015/07/18にFreeBSD 10.1-RELEASEで確認済み)


はじめに

便利な無線LANですが、2.4GHz帯を使う11b/g方式は元々利用可能な無線チャネルが少ない(他のチャネルと重なり合わないチャネルは3つのみ)のに加え、一般家庭への無線LAN機器の普及により、都心や市街地では使い物にならない状況になってきています。
代替策として、チャネルに余裕がある5GHz帯を使う11a方式が使うやり方がありますが、こちらは11b/g方式を使うのに比べ、ちょっとだけ手間が多いようです。

このページでは、FreeBSDで11a方式を使って無線LANに接続する方法について説明します。

このページで使っている機材

このページの内容は、ThinkPad R50eのCARDBUSに、BUFFALO WLI-CB-AMG54とI/O DATA WN-WAG/CBを刺して確認しています。
WLI-CB-AMG54とWN-WAG/CBはいずれもAtherosのチップを搭載しており、対象のFreeBSDではathドライバで認識されます。

「/etc/rc.conf」への追記

「/etc/rc.conf」に以下の記述を追記し、wlanデバイスを作成し、ifconfigで設定します。
「ath0」の部分は、お使いのデバイスに適宜読み替えてください。

「/etc/rc.conf」への追記
wlans_ath0="wlan0"
ifconfig_wlan0="mode 11a country J5 WPA DHCP"

ifconfig_wlan0=以降の記述は、ifconfigコマンドに引き渡されるパラメータです。
「mode 11a」は無線方式を11aに固定するための記述です、また「country JP5」は日本国内で利用可能な11aのチャネルを指定するための記述です。

利用可能な国コードは、「/etc/regdomain.xml」に記載されていますので、海外で利用される場合などはこちらをご確認ください。
このファイルには、各国の法律に基づき利用してよい無線チャネル(周波数帯)や出力などが記載されています。

「country JP5」を指定しないと、athドライバでは日本の旧周波数帯の11aチャネルで接続に行くようで、一切の接続ができませんでした。

「/etc/wpa_supplicant.conf」の新規作成/追記

「/etc/wpa_supplicant.conf」に以下の記述を追記します。
このファイルはデフォルトの状態では存在しないため、ない場合は自分で作成してください。

「/etc/wpa_supplicant.conf」の新規作成/追記
network={
	ssid="XXXXXXXX"
	key_mgmt=WPA-PSK
	proto=WPA WPA2
	psk="XXXXXXXX"
}

ssidには、接続する無線LANのSSIDを記述してください、また、pskには指定したSSIDへの接続に必要なパスワードを記述してください。
「key_mgmt=WPA-PSK」「proto=WPA WPA2」は、市販のルーターで一般的なWPA-PSK方式で接続するための記述です。
(試していませんが、明示的に記述しなくても大丈夫な気がします。)

システムの再起動と動作確認

これらの設定が完了したら、システムを再起動させてください。
うまく接続できるのではないかと思います。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ
参考になった
ちょっと違う
これじゃない

何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まだ評価がありません

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image