拡張子なしのファイルをCGIスクリプトとして扱う

対象プラットフォーム: apache 2.x / 1.3.x


はじめに

ウェブ開発の都合上、拡張子なしのファイルをCGIスクリプトとして扱わなくてはならないケースに遭遇する場合があります。

このページでは、こうしたニーズを満たすために、拡張子なしのファイルをCGIスクリプトとして扱う方法について説明します。

「httpd.conf」への追記

拡張子なしのファイルをCGIスクリプトとして扱うには、下記の通り「httpd.conf」内に設定してやります。

「httpd.conf」への追記
<FilesMatch "^[^\.]+$">
    SetHandler cgi-script
</FilesMatch>

上記の通り設定が完了したら、設定を反映させるためにapacheを再起動させます。
apacheの再起動方法については、「コマンドラインからapacheを起動/停止/再起動する」を参照してください。

これにより、末尾に拡張子がついていないファイルがCGIスクリプトとして扱われるようになります。

変更履歴

2013/12/25

・「末尾に拡張子がついていないファイルが〜」を誤って「末尾に拡張子がついているファイルが〜」と記載していた誤記を修正。


あなたの探し物は見つかりましたか?
まさにこれだ
参考になった
ちょっと違う
これじゃない

何かメッセージがあればお願いします

このメッセージを非公開にする

ご注意

・頂いたメッセージは管理者のチェックの後、公開されます。
・メッセージの公開を希望されない場合には、「このメッセージを非公開にする」にチェックを入れてください。
・管理者が不適切と判断したメッセージは公開しませんので、予めご了承ください。


まさにこれだ
1 (50%)
参考になった
1 (50%)

表示できるメッセージはありません。


目次に戻る
image