今月に入って長年使っていたPCのCRTディスプレイ(MITSUBISHIディスプレイ製)が全く映らなくなってしまいました。

PC自体の不具合ならば大抵何とかなるのですが(趣味の世界)、さすがにこればかりはいかんともしがたく、新しいディスプレイを購入することにしました。(お小遣いが…)

新しい物をあれこれ選ぶのは楽しく、色々と比較検討しているのですが、それはおいておいて、意外と盲点なのが故障したディスプレイの廃棄です。

2003年10月 1日に、PCリサイクル法(正式には、「資源の有効な利用の促進に関する法律」)が施行された関係で、ノートパソコン/デスクトップパソコン/CRTディスプレイ一体型パソコン/液晶ディスプレイ/CRTディスプレイは、地方自治体ではゴミとして回収してくれなくなってしまったようです。

PCリサイクルマークが付いた機器については、無料で回収/リサイクルしていただけるんですが、2003年10月 1日より前に購入した機器については、このマークがついておらず、回収/リサイクル費用をユーザが負担しなくてはならないようです。(費用は3150〜4200円、高っ!)

リサイクルについては、機器を製造した各メーカが実施するようで、窓口はこちらから確認できます。(メーカ不明、自作PCの場合は下記の「パソコン3R推進センター」が対応してくれるようです、費用は他のメーカ品に比べ、ちょっとだけ高めです…)

【ご参考】有限責任中間法人 パソコン3R推進センター

回収/リサイクルの流れですが、

  斃用者】メーカ窓口に申込み
◆ 攀ヾ錺瓠璽】振込み用紙の返送
 【利用者】金融機関で費用の振込み
ぁ 攀ヾ錺瓠璽】ECOゆうパック伝票の返送
ァ 斃用者】梱包して伝票を貼付して発送
Α 攀ヾ錺瓠璽】回収した機器を適正に廃棄/再利用

みたいな流れになるようです。

値段が高く、お財布に厳しいのがネックですが、環境には優しい(と思う)ので仕方ないか…と思う今日この頃です。

PC機器をやたらとお持ちの方はご注意くださいませ。


ひとつ新しい記事へ / ひとつ古い記事へ